この風景を、あなたは知っている。

《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》(部分)2000-02年、196×296cm、シカゴ美術館

2020.2.26.WED - 6.14.SUN 東京国立近代美術館 The National Museum of Modern Art, Tokyo.

イギリスが誇る
現代の「画家の中の画家」
日本初個展

ピーター・ドイグ(1959-)は、ロマンティックかつミステリアスな風景を描く画家です。今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われています。彼は、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告グラフィック、自らが暮らしたカナダやトリニダード・トバゴの風景など、多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきました。私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、どこかで見たことのあるようなイメージを用いながらも、全く見たことのない世界を見せてくれるからだと言えるでしょう。本展は、ピーター・ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展です。絵画から広がる想像の旅へみなさんをお連れします。

ピーター・ドイグ
Peter Doig

(1959-)

1959年、スコットランドのエジンバラ生まれ。カリブ海の島国トリニダード・トバゴとカナダで育ち、1990年、ロンドンのチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで修士号を取得。1994年、ターナー賞にノミネート。2002年よりポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)に拠点を移す。テート(ロンドン)、パリ市立近代美術館、スコットランド国立美術館(エジンバラ)、バイエラー財団(バーゼル)、分離派会館(ウィーン)など、世界的に有名な美術館で個展を開催。同世代、後続世代のアーティストに多大な影響を与え、過去の巨匠になぞらえて、しばしば「画家の中の画家」と評されている。
 

ピーター・ドイグの魅力

1現代アートのフロントランナー

1994年に、主にイギリスで活躍する現代アーティストに贈られる名誉ある賞「ターナー賞」にノミネートされて以来、ドイグは世界的な活躍を続けています。テート(ロンドン)、パリ市立近代美術館など、名だたる美術館で個展が開催されてきました。同世代、後続世代のアーティストに多大な影響を与え、過去の巨匠になぞらえて、しばしば「画家の中の画家」と評されています。彼の作品は美術市場でも高く評価されており、2007年のオークションで、ヨーロッパの現存作家の作品としては、当時の最高価格で落札されました。

2想像力をかき立てるイメージ

多様なイメージによって構成された彼の作品は、いつかどこかで見たことがあるように感じられるため、私たちの想像力を刺激します。さらにカヌーや人物といったモチーフは、色や形を変えてさまざまな作品に登場します。そうしたモチーフに注目し、作品間のつながりを発見することで、私たちの想像力は1枚の絵を超えて広がります。

3日本も描いた!豊かな風景描写

カナダの湖畔やトリニダード・トバゴの海、さらには日本のニセコのスキー場まで、ドイグはさまざまな風景を描いてきました。映画のワンシーンを参照することもあり、小津安二郎の『東京物語』を思い起こさせる作品もあります。

4インパクトのある大型作品

本展では複数の大型作品が出品され、なかには幅3メートルを超える超大型作品もあります。印刷物やスマートフォンでは伝わらないスケール感を、ぜひ美術館で体感してください。

開催概要

展覧会名
ピーター・ドイグ展
会場
東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
(〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1)
会期
2020年2月26日(水) 〜6月14日(日)
休館日
月曜日(ただし3月30日、5月4日は開館)、5月7日
開館時間
10:00-17:00 金曜・土曜は20:00まで
(入館は閉館30分前まで)
主催
東京国立近代美術館、読売新聞社、ぴあ
協賛
マイケル ヴェルナー ギャラリー
協力
ヤゲオ財団
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」4番出口、
半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町」1A出口より各徒歩15分
Google map で見る
報道関係者のお問い合わせ先

ピーター・ドイグ展広報事務局

 

担当:中田、大迫(株式会社スキュー内)
〒107-0062 東京都港区南青山6丁目12−10 ユニティ501号室
TEL:03-6450-5457
FAX:03-5539-4255
E-mail:peterdoig-pr@skewinc.co.jp